局ヶ岳

メンバー:涼(単独)

コースタイム:
8:08駐車場・局ヶ岳登山口→8:49中間点→9:29十五町→9:49局ヶ岳
→10:11下山開始→10:35中間点→10:56駐車場・局ヶ岳登山口

コース地図:
局ヶ岳地図

※今回のコースは撮影ポイントがないので丁石(町目)ごとに撮影したものを載せておきます

局ヶ岳1
林道の分岐。車から降りてさっと撮影しておいた。ここを左へあがって行くと駐車場がある

局ヶ岳2
局ヶ岳の登山口。ここからスタート。ちなみに駐車場はこのすぐ横にある

局ヶ岳3
局ヶ岳本コースで山頂まで十八町で1974mの距離らしい。細かい距離をよく計ったなって思った

局ヶ岳4
この沢を渡るけど、ドボンッしないように注意して渡らないといけない

局ヶ岳5
ここが局ヶ岳登山口の始まりかな!?ここからいよいよ入山

局ヶ岳6
入山してすぐ一町(距離:109m目)があった

局ヶ岳7
ここで分岐。今回健脚コースは調べてなかったのとキツそうなので左の本コースで行くことにする

局ヶ岳8
二町(距離:218m目)。登りは別にキツくない

局ヶ岳9
三町(距離:327m目)。植林地帯の道ばかり

局ヶ岳10
四町(距離:436m目)。景色が全く変わらない

局ヶ岳11
五町(距離:545m目)。ここまで早かった

局ヶ岳12
ここで一旦舗装道に出るけど少しあがったところ左側が正規の登山道になる

局ヶ岳13
六町(距離:654m目)。さっきの舗装道の横を歩いてる感じだな

局ヶ岳14
七町(距離:763m目)。また舗装道に出るけど、この先で終わってまた登山道になる

局ヶ岳15
木の隙間からピークが見えるけどあれが局ヶ岳の山頂かな!?見た感じ遠いんだけどね

局ヶ岳16
八町(距離:872m目)。ここから少しの間、両サイドの樹林に囲まれた道になる

局ヶ岳17
九町(距離:981m目)。十八町の半分まできた

局ヶ岳18
九町を過ぎるとすぐに中間点という看板があった。地図で見ると真ん中っぽくなかったけどね

局ヶ岳19
十町(距離:1090m目)。これでやっと距離にして1kmを越えたみたい

局ヶ岳20
十一町(距離:1199m目)。ここまで別に急登ってところもなかったし余裕かも!?

局ヶ岳21
十二町(距離:1308m目)。しかし景色が変わらない登山道だ

局ヶ岳22
十三町(距離:1417m目)。ここで少し急登っぽいけど、つづら折れになっていたのでそこまでしんどくなかった

局ヶ岳23
十四町(距離:1526m目)。景色が全く変わらないけど山頂もこんなだったら嫌だな

局ヶ岳24
ここで尾根と合流する。健脚コースとの合流地点っぽい

局ヶ岳25
十五町(距離:1635m目)。ここからいよいよ局ヶ岳への登りになる

局ヶ岳26
途中で変な小屋があった。電信柱みたいなのもあったし、何だろうか!?今は使われてないんだろうけどね

局ヶ岳27
十六町(距離:1744m目)。景色が変わる気配がないが、山頂は展望が良いはずなんだが・・・

局ヶ岳28
十七町(距離:1853m目)。ここで少し雰囲気が変わってきた。この付近、山頂直下は少しだけ急登っぽかった

局ヶ岳29
ここで突然、上が明るくなった。これを登りきると山頂だ

局ヶ岳30
最後の十八丁目(距離:1962m目)。山頂はすぐそこ。調べていた通り、山頂には反射板があった

局ヶ岳31
局ヶ岳山頂(1029m)に到着

局ヶ岳32
今日は景色が霞んでいたけど、なんとなく見える

局ヶ岳33
こっち側は集落が並んでるのかな!?

局ヶ岳34
こっちは三峰山系の山々が見えてるらしい

局ヶ岳35
向こう側に見えてる二つの山が大洞山と尼ヶ岳のようだ

局ヶ岳36
せっかくなので雪村あおいちゃんと山頂を撮影してみる

局ヶ岳37
反射板の下が展望台になってると調べていたけど、ここから入って行けるようだった。展望台にはちゃんと椅子もあった

局ヶ岳38
展望台からの景色。何の山が見えてるのかわからないけど東側かな!?

局ヶ岳39
三角に削れてるような山が気になった。おそらく人工的なんだろうけどね

局ヶ岳40
山頂に着いた時は気づかなかったけど椅子の下に山頂三角点があった。少し欠けてるけどね

局ヶ岳41
最後に局ヶ岳の山頂全体を撮影しておく

局ヶ岳42
駐車場に戻ってきた。短い山行だったけどお疲れ様でした

麵屋 しりとり1
今回のもう一つの目的である麵屋 しりとりに到着

麵屋 しりとり2
このつけ麺が魚介豚骨醤油でこってり系。美味しくいただけた!

土日は暇もあってちょっと遠いですが関西百名山の局ヶ岳に行ってきました。なぜ三重県なのにここが関西百名山に入ってるのかは謎ですが・・・本当は局ヶ岳神社側から登りたかったのですが、車でいくとぐるっと三重県側を回らないといけなくて、今回は飯南町上仁柿側から登りました。遠い上にコースタイム的に消化不足だと思ったのですが、今回は奈良県橿原市で行きたかったつけ麺のお店とセットということで行くことにしました。遠いとはいえ予想より早く登山口に到着しました。しかし国道368号線からアプローチまでの林道は狭いけど大きなトラック2台とすれ違って大変でした。登山道は(株)ZTV様のおかげもあって(?)踏み跡もしっかりしていたし、丁石もあってわかりやすかったです。危険な場所はなかったですが、登山口からすぐの沢を渡るところで増水していたらどうなってたんだろうって思いました。人気がないのか人がおらずのんびりした山行になりました。山頂からは360度の展望が待っていましたが、何の山が見えてるのか良くわからなかったのが本音です。やはり消化不足な登山になったので先日登った学能堂山が近かったのでセットでいけば良かったと思いました。帰りは行きたかったというつけ麺のお店へ。結構美味しいつけ麺をいただけました。もうここまで国道を走らせたので高速を使わず一般道で帰りました。軽い登山になったもののつけ麺も美味しかったし満足した一日となりました。

2件のコメント

  1. 局ヶ岳もいつかは登らないといけない山だけど
    山頂までの登山道が展望もない感じでツラそうですね。
    ピストンになるなら少しでも楽しめる雪の時期の方が
    楽しそうかな?冬までとっておくか・・・

    1. 登山好人さん>
      コメントありがとうございます。
      局ヶ岳までの山頂の道は展望もないですが、距離や時間的には短いので
      それほどツラさは感じませんでした。ただ面白くない道といった感じです。
      確かに雪の時期の方が楽しいかもしれませんが、雪が積もるとここへのアプローチまでの
      細い林道がどうなるかが問題ですね。結構林道は長いです。反対側からだと遠いですし(汗)

返信を残す

CAPTCHA