子ノ泊山

全表示する

メンバー:涼(単独)

コースタイム:
14:16尾根登山口→14:48尾根取り付き→15:52子ノ泊山
→16:15下山開始→16:55尾根取り付き→17:17尾根登山口

コース地図:
子ノ泊山地図
子ノ泊山標高図

子ノ泊山1
尾根登山口の手前にある広い路肩に駐車してスタート

子ノ泊山2
桐原尾根登山口。ここから入山する

子ノ泊山3
苔むした沢筋の登山道をひたすら登っていくんだけど滑りやすいので下山時は注意

子ノ泊山4
尾根の取り付きがなかなか見えないんだけどひたすら沢筋を登っていく


五大尊岳に登った後に立ち寄ったのが関西百名山の一つである子ノ泊山です。本来であれば周回したかったのですが、工事により通行止めでアプローチまで遠回りになってしまって到着時刻がかなり遅くなったので、尾根登山口からピストンすることにしました。五大尊岳で疲れがでていたのか、最初からスローペースで登っていきました。最初の沢筋の道はヒルが好みそうでジメジメしていたので心配でしたが、ヒルはでませんでした。尾根の取り付きに到着してから少し登ってトラバースしてピークを巻きましたが、これは非常に有難い感じでした。そのまま尾根道に戻るとこまめなアップダウンがあったのですが、足は完全に疲れていたので少しこたえました。そして少し下っていくと林道と合流しました。林道と合流すれば子ノ泊山の山頂はもうすぐです。子ノ泊山の山頂に到着すると辺りは完全にガスっていて展望は何も見えませんでした。本来ならここではドローンを飛ばしたかったのですが、これだけガスられていたらもうどうしようもありません。山頂でゆっくり休憩して17:00過ぎくらいに下山予定で行動を開始しました。もうこの日はかなり疲れていたのか、少しの登り返しでもしんどかったです。尾根の取り付きまで戻ると沢筋の道を下っていくのですが、苔むしたところが複数あって滑らないように注意しました。なんとか17:00過ぎの明るいうちに尾根登山口まで下ってこれたので良かったです。新宮市の登山遠征の2座目がこんな感じになりましたが、とにかく山頂を踏むことができて達成感があって満足いく山行になりました。その後、GoToトラベルを利用して新宮市のビジネスホテルに宿泊しました。次の日はロングコースで急登続きなのですが、なかなかぐっすりホテルで眠れなかったです。

2件のコメント

  1. 地図と山名板の標高が違うって事はよくありますよね(笑
    しかし賑やかな山頂の標識やね~ スーパー玉出かと思ったよw
    今回はGOTOトラベルを使いビジネスホテルとはいいやん。
    早速利用されてるんだね。

    1. 登山好人さん>
      コメントありがとうございます。
      この山の山頂はかなり賑やかでプレートや看板だらけでした。
      本来、ガスっていなければ海が見えるようなのですが・・・
      今回、GOTOトラベルを使ってみましたが、一泊3500円で商品券1000円付きで
      かなりお得になりましたよ。

返信を残す

CAPTCHA


関連記事

段ヶ峰...
眼鏡山(清滝山)...
三輪山...
大塔山~法師山...
烏帽子山...
五大尊岳...
口迷岳~迷岳...
玉置山...