雪の鉄山~弥山

全表示する

メンバー:
こまっちゃん + 涼

コースタイム:
7:13大川口→9:18草つきの展望台地→9:47鉄山→12:32修覆山
→14:01弥山→15:00下山開始→16:10弁天の森
→17:26行者還トンネル西口→18:38大川口

コース地図:
鉄山~弥山地図

鉄山~弥山1
大川口に車を駐車してスタート

鉄山~弥山2
橋を渡ってすぐ右へ行く

鉄山~弥山3
ここから登っていく。いきなりの急登のはじまり

鉄山~弥山4
まあ無理矢理登ってるから急登なのは当たり前だけど、いつもながら最初でこれはしんどい


今回は本当は明神平に行く予定だったのが田村君が行けなくなったので、年末ということで雪山を満喫しようと鉄山経由で弥山に行ってみました。一週間前の記事を見るとまるで雪がなかったので今回はこまっちゃんに大峰の秘境を見せよう、上でちょっとした霧氷が見れたらいいな程度に思っていました。ところが予想とは裏腹に鉄山の手前くらいから雪山と化して岩は凍っていました。鉄山手前の鎖場など冬はヤバイですが面白いです。ここは装備が6爪アイゼンしか持ってきてなかったので大変でした。鉄山は登りは大丈夫でしたが下るのは怖くて、弥山経由で行者還トンネル西口へ下るというルートをとりました。次第に雪の量が増えて修覆山への登りあたりからはプチラッセル状態。これでかなり時間がやられました。修覆山付近から青空がでて今まで見たことのない素晴らしい霧氷を望むことができました。霧氷といってももう太さが違うというか、エビの尻尾ではなくすごい太い霧氷で初めてあんなのをみました。あとは大倒木地帯も雪が深いので大変でしたが、青空と白のコントラストになった樹林が最高で、こんなのも初めてみました。おそらく50~60cmくらい積もっていたんではないでしょうか。弥山の手前で鹿避けネットでしょうか、これが邪魔で弥山に入れなくて30分ほど入口を探してやっと見つけました。もう下山時は暗くなることを前提にして弥山小屋で昼食してさっさと行者還トンネル西口へ下りました。道路に出てから暗くなったので良かったです。あとは道路歩きですがこまっちゃんとアニメなどの話をしながらだったので暇ではなかったです。波乱万丈の山行になりましたが、これほど誰もが見れないような素晴らしい雪景色を堪能できたので大満足の山行になりました。さすが大峰!冬も素晴らしいですね。

返信を残す

CAPTCHA


関連記事

口迷岳~迷岳...
玉置山...
笠捨山...
冷水山...
半作嶺...
嶽ノ森山...
生石ヶ峰...
矢筈岳...