立山・剱岳(剱岳編)

全表示する

メンバー:古都コトきょーとの田村君 + こまっちゃん + 涼

コースタイム:
1日目:
7:30室堂→8:28一の越山荘→10:04雄山→11:01大汝山・立山
→11:53富士ノ折立→13:08真砂岳→14:39別山南峰
→15:02別山北峰→16:35剱沢キャンプ場

2日目:
4:10スタート→4:46剣山荘→7:20カニのたてばい→7:58剱岳
→8:35下山開始→9:00カニのよこばい→10:15前剱
→11:28剣山荘(大休憩)→12:35剱沢キャンプ場(昼食)
→14:30行動開始→15:27剱御前小舎→16:55雷鳥沢キャンプ場

3日目:
7:00雷鳥沢キャンプ場→7:33ミクリガ池→7:44室堂

コース地図:
立山・剱岳地図

立山・剱岳(剱岳編)1
朝4時から剱沢キャンプ場を出発して剣山荘へ。ここまででも40分くらいかかった

立山・剱岳(剱岳編)2
いよいよ剱岳への登りがはじまる。昨日の疲れはずいぶんとれたし、今回はこれがメインなのでわくわくする

立山・剱岳(剱岳編)3
さっそく鎖場があったけど、ここは別に大したことなかった

立山・剱岳(剱岳編)4
一服剱から前剱が見えた。剱岳はあれのまだ向こうらしい


前日の立山縦走の疲れもとれて朝4:00より剱沢キャンプ場を出発して剱岳を目指しました。剣山荘までは下りという感じでそこからが登りですが、つづら折れで結構登りやすかったです。一服剱から前剱が見えた時は「あれを登るのか!?」と思いましたが、ここも以外とすっと登って行くことができました。前剱は帰りに立ち寄るとして、剱岳の本体が見えました。いよいよ本格的な岩の登りがはじまると思うとワクワクしてきました。岩のアップダウンはあったものの、そこまでしんどくなかったです。そしてカニのたてばいより本体に登っていきますが、確かに高度感ある鎖のある岩場の登り。しかし私は意外と平気でした。岩場をどんどん登って行くと下ってくる人がいて「あともう少しですよ」と言われてテンションアップ。ちょっと立ち休憩しながら憧れで念願だった剱岳を登頂しました。あの山容のカッコいい剱岳に登ってやったという達成感で心いっぱいでした。展望は結構良かったですが、周りの山に雲がかかっていたので少し残念でしたが、それでも快晴で3000m級の山からの展望という感じでしたので大満足でした。下山時は前剱からのガレ場の下りがズルッと行きそうで怖くて足の力を使ってしまったのか疲れました。あと一服剱への登り返しも距離が短いもののしんどかったです。そして剣山荘まで下りて500円のコーラーを飲んだ時はめちゃくちゃ美味しかったです。剱沢キャンプ場に戻って昼食をとって、もう明日は天気が崩れるのでこのまま雷鳥沢キャンプ場まで行こうということになりました。剱沢キャンプ場から剱御前小舎までは急登ではないですが、前剱からの下りで足が疲れていたのと軽い熱中症になっていたのか暑さで超スローペースでの登りになりました。途中で太ももがつってしまった時、どうしようかと思いましたが、休みながらなんとか剱御前小舎に到着。今度は雷鳥沢までの下りですが、どうも足がやられていて暑さでバテていたので二人には先に行ってもらい、私はゆっくり下りて行きました。通常のコースタイムより30分ほど遅く雷鳥沢キャンプ場に到着。あとは室堂に戻るだけなので楽です。次の日の朝、雷鳥沢から立山が見えると思ったら雲がかかっていてアウト。天気も下り坂になっていたのとお盆の帰省ラッシュも嫌だったのでさっさと起きて室堂に戻りました。バテたり足が疲れたり、いろいろありましたが立山の縦走と念願で憧れだった剱岳の登頂も達成できて計画通りの山行になったので大満足でした。お二人とも3日間、本当にお疲れ様でした。

前日の[立山・剱岳(立山編)]へ戻る

返信を残す

CAPTCHA