四寸岩山・大天井ヶ岳

全表示する

メンバー:涼(単独)

コースタイム:
7:15奥千本無料駐車場→7:42青根ヶ峰→9:22四寸岩山→10:25百丁茶屋
→11:43大天井ヶ岳→12:29五番関→13:42百丁茶屋→14:25行動開始
→15:46四寸岩山→17:14奥千本無料駐車場
※下山時の四寸岩山からは雷雨のためかなりのスローペースで1時間程度ロス

コース地図:
四寸岩山・大天井ヶ岳地図

四寸岩山・大天井ヶ岳1
奥千本無料駐車場からスタートする

四寸岩山・大天井ヶ岳2
最初は林道歩き。これが結構長い

四寸岩山・大天井ヶ岳3
せっかくなので青根ヶ峰に行ってみることにした

四寸岩山・大天井ヶ岳4
青根ヶ峰の山頂は三角点とベンチがあるものの展望もなにもない


部屋にあるベランダの工事ということで急遽、未だ行ったことのない四寸岩山と大天井ヶ岳に行ってきました。このルートは以前から計画していたのですが、問題はどこから行くかでした。本来はバスで洞川まで行って吉野まで歩こうか考えましたが、駐車代やバス代が高いので奥千本無料駐車場のピストンにしました。下界は猛暑だったみたいですが、こっちはそこまで暑さは感じませんでした。午前中に大天井ヶ岳まで行くことができましたので、調子に乗って五番関まで足を延ばしましたが、これが失敗でした。五番関から百丁茶屋までのトラバースルートがこまめなアップダウンがあって距離も長い。疲れた足でのアップダウンの連続は厳しい。1時間ちょっとで百丁茶屋まで戻って虫が多かったので小屋の中で昼食をとることにしました。休憩をとったといえ四寸岩山への登り返しもしんどかったです。その途中で雷雨になり、近くに落雷したときはものすごい光と音にびっくりしましたが、樹林帯の中だったし、ここは焦らずスローペースでゆっくり歩いていきました。林道に出ると雨はあがって休みながら戻りました。下山時は波乱万丈になりましたが、山で何かあっても焦らず慎重になることが大切なことだと感じました。そして、今回は四寸岩山と大天井ヶ岳、そして五番関まで行くことができたので十分に満足できた山行になりました。

2件のコメント

  1. ベランダの工事は終了したのかな? それにしても山へ行きまくって羨ましいです。
    バスで行くのがピストンしなくていいんだけどアクセスがね・・・
    車で行くとまた長い距離を戻らないといけないし。
    そー考えたら中々このコースも難しいよね。
    いつかは大峰奥駈はやろうと思ってるのでその時に一気に行けばいいかなって思ったり。
    逆に樹林帯は雷落ちやすいみたいですよ。そして樹林帯は側激の危険に常にさらされているしね。

    1. 登山好人さん>
      コメントありがとうございます。
      ベランダの屋根なんですが、工事は終了しました。
      最近は仕事が停滞期になってるのでここぞとばかりに行まくっています。
      バスで行こうと思ったのですが、駐車料金とバス代等を考えると相当高くて、
      しかも洞川温泉から五番関まで5kmほどあるので今回ピストンにしました。
      大峰奥駈をするなら一気に行くのが一番ですが、吉野からだと一日目で山上ヶ岳の
      向こう側まで行ければいい感じですかね。
      樹林帯のほうが雷落ちやすいんですね。ただ、雷雨時に避難する場所もなかったんですよね。
      本当に怖かったです。

返信を残す

CAPTCHA


関連記事

冷水山...
半作嶺...
嶽ノ森山...
生石ヶ峰...
矢筈岳...
神童子谷遡行2020...
鉢伏山...
青葉山...