愛知川・沢登り

全表示する

メンバー:ゆるけい登山の登山好人さん + 古都コトきょーとの田村君 + S嬢 + 涼

コースタイム:
9:08林道ゲート→9:30神埼川発電所→9:48関電堤防→10:19入渓→14:33断念
→15:10登山道→15:55林道~ヒル騒ぎ→16:28下山開始→17:17林道ゲート

コース地図:
愛知川地図

愛知川1
ゲートが閉鎖されているのでここの脇に車を停めて歩く

愛知川2
続く林道

愛知川3
この発電所のところから入渓してもいいが、堤防を越えないといけないため、さらに上にいく

愛知川4
ここから沢へ下る



今年二回目の沢はゆるけい登山の登山好人さんと古都コトきょーと!の田村君とS嬢の4人で鈴鹿の愛知川本流にいきました。自然保護のために林道が閉鎖されているので40分ほど林道を歩くことになり暑かったです。関電の堤防で発電のため堰き止めるということになったので、天狗滝付近から登山道へ林道へ戻るルートをとることにしました。とりあえずあまり台風の後だったせいか水が増して結構激流。滝は半分くらい巻き巻き。この巻きしたり激流をトラバースしたりS嬢が流されたりとかなり時間と体力がやられた感じがします。その後、晴れてよかったものの天狗滝の手前にある泳ぐポイントのところで深いのと流れが激しいため、進むことができず。それどころか、ザックが開いて浄水ボトル・セイシェルが流されていきました。追いかけていきましたが、流されていきました・・・高かったのに!結局、天狗滝までは断念。沢を戻っていくとなんとセイシェルがひっかかっていました。よかった^^近くに登山道があったので林道へ戻ることに。林道に戻って靴を履き替えるためにスパッツを外すと沢靴にヒルがぁ!!ギャーーー!!S嬢は腰あたりを噛まれてしまいましたが、すぐ離したのでそこまで出血せずに終わりました。激流に水増、S嬢や浄水セイシェルが流されたりと波乱万丈でしたが、楽しいかったです。もうどんな沢でも装備は万全に持っていくべきだということを思い知らされました。この日、下界ではかなり暑かったようですが、沢はいっていたので全然わかりませんでした。

返信を残す

CAPTCHA


関連記事

天狗堂...
西床尾山~東床尾山...
段ヶ峰...
眼鏡山(清滝山)...
三輪山...
大塔山~法師山...
烏帽子山...
子ノ泊山...