鈴鹿の三大山夜景!?

鈴鹿山脈の山々からは名古屋市内や桑名市、四日市から津市を経た伊勢湾までが見える展望地がいくつか存在します。その中でも有名な鈴鹿セブンマウンテン。そのうち3つの山からの展望は遮るもののなく素晴らしい夜景を望むことができます。まさに鈴鹿3大山夜景と名付けることができるでしょう。今回はその3つの夜景スポットを紹介します。

竜ヶ岳

標高1099.6mの竜ヶ岳。山頂付近は笹地帯になって高原地帯みたいになっているため、遮るものがなく大パノラマで夜景を望むことができる。今回紹介する3つの山のうち石榑峠からの最短ルートで行けば、最も短時間で登頂できる山ともいえる。明け方のトワイライトも魅力的だが、光量が少ないため、日没後の早い時間に望むことがオススメ。
竜ヶ岳夜景1
竜ヶ岳夜景2
石榑峠からのルートは重ね岩経由で登り1時間程度。ガレ場や岩場があり、笹地帯に入る直下は急登になっている。

>詳細はこちら


御在所岳(富士見岩)

鈴鹿山脈で最も有名な御在所岳(1212m)。ロープウェイの山上公園駅近くにある富士見岩から、大パノラマで夜景を望むことができる。冬期は期間限定でロープウェイのナイター営業をしているので利用すると簡単にアクセスすることができる。しかし、ここで紹介しているトワイライト夜景を望むには、夜間に登るしか方法はない。運がよければ富士山を望むことも可能。
御在所岳夜景1
御在所岳夜景2
富士見岩へは中登山道で行くのが最短だが、登り120分と夜間登山としてはロングコース。中登山道の途中には岩場などがあり、大変滑りやすく危険な場所もあるので注意が必要。

>詳細はこちら


入道ヶ岳

鈴鹿セブンマウンテンの中でも標高906.1mと低い山だが、市街地との距離と角度が良く、鈴鹿の中で最も迫力ある魅力的な夜景が望めるのがここ入道ヶ岳。山頂は笹地帯になって高原地帯みたいになっているので、遮るものがなく大パノラマと迫力ある夜景を望むことができる。また山頂の鳥居もアクセントになっている。明け方のトワイライトも魅力的だが光量が少ないため、日没後の早い時間に望むことがオススメ。
入道ヶ岳夜景1
入道ヶ岳夜景2
ルートは椿大神社から二本松尾根コースが一番最短ルートと思われるが、登り120分と夜間登山としてはロングコース。特に危険な場所などないが、熊の目撃情報が多いため注意が必要。

>詳細はこちら

鈴鹿山脈の夜景スポットはいかがだったでしょうか。写真の構図的には同じような感じですが、実際に見るとそれぞれ望む角度や雰囲気が違ったりします。山頂直下は暗い特徴がありますが、それがまた独特な形を描いているともいえます。それぞれナイトハイキングとしては中級者向けのコースですが、道標はしっかりしていて踏み跡もあり、複雑な分岐などもないわかりやすいコースとなっています。昼間の鈴鹿も魅力的ですが、夜間にみる光の絶景もまた格別ですので、チャレンジしてみてください。

返信を残す

CAPTCHA