掃雲峰

全表示する

メンバー:涼(単独)

コースタイム:
7:27るり渓駐車場→7:41入山→8:43掃雲峰→10分休憩
→9:02天狗岩→9:32登山口→9:47渓流歩道入口
→10:21通天湖→10:30るり渓駐車場

コース地図:
掃雲峰地図
掃雲峰標高図

掃雲峰1
るり渓温泉駐車場に車をとめてスタート

掃雲峰2
半国山のことは案内板に書いてあるけど掃雲峰のことについては書いてない

掃雲峰3
ここのトイレの駐車場に車をとめればよかったとあとで後悔した

掃雲峰4
この地点から左に入山していくが、道標や踏み跡など一切ない


かなり以前にこの山に登ろうと計画していたのですがなかなか機会がなく行けませんでしたが、やっと行くことができました。この付近だと深山や半国山が有名ですが、この掃雲峰はかなりマイナーな山かもしれません。まず登りですが、登山道や道標などありませんので無理矢理登った感じになりました。途中で道を間違えるなどしてルーファイに時間がかかりました。湿地帯が続いて靴は泥だらけになりました。登りは完全なバリエーションルートですが、なんとか山頂に登頂できた感じでした。登りのルートはかなり迷いやすいのでオススメできません。下りは天狗岩経由でしたが、こちらは階段があったりして登山道が整備されている感じでした。最初から下りのルートをピストンすればよかったと思いました。今回は天狗岩での展望だけになりましたが、北摂の山々が望める感じで雰囲気はよかったです。登山口から500mほど登ったあたりで黒い毛並みの動物を見かけました。最初はイノシシかと思いましたが、大きな声を出すと振り向いてじっと見られました。遠目でしたが、あの動きや形からして熊だったように思います。あとあと熊と遭遇したかと思うと怖くなりました。なんとか登山口まで下ってきて、道路を歩いて渓流歩道を歩きました。この渓流歩道は以前にも歩いたのですが長く感じました。渓流歩道はあまり見所もないので歩きながらやはりピストンすればよかったと後悔していました。波乱万丈な山行になりましたが、なんとか掃雲峰を登頂できて天狗岩も行けたので満足する山行になりました。

2件のコメント

  1. 半国山や深山は知ってますがこの近くにましてや
    るり渓のすぐそこ掃雲峰なんてまったく知らなかった。
    写真初めてすぐの時に「るり渓」に写真を撮りに行ったなぁ~
    通天湖まで行かずに途中で引き返しましたけど。

    あの辺はリアルに熊が出るので熊だった可能性大ですね。
    単独で熊に遭遇とか考えただけで怖いわ。
    あ~怖。。。何事も無くて良かったですね!

    1. 登山好人さん>
      コメントありがとうございます。
      この山は本当にマイナーみたいですが、一応、登山口の大きな看板がありました。
      ここの見所は天狗岩からの展望くらいで山頂は何もないのですが・・・
      るり渓の渓谷歩道は本当に長いですよ。
      通天湖までは1.7kmと書いてあったので30分くらいですかね。

      まさかあんなところに熊がでるとは思いませんでした。
      登山口にも熊注意とか書いてませんでしたし、
      京都府の誰か管理している人に伝えてあげようか考えていました。
      熊とはかなり距離があったので助かりましたが、はちあわせするとヤバかったです。

返信を残す

CAPTCHA


関連記事

天狗堂...
西床尾山~東床尾山...
段ヶ峰...
眼鏡山(清滝山)...
三輪山...
大塔山~法師山...
烏帽子山...
子ノ泊山...