トサカ尾根~双門ルート(ナイトトレ)

全表示する

メンバー:徘徊夜景のひでぶーさん + 古都コトきょーとの田村君 + S嬢 + 涼

コースタイム:
8:18熊渡→8:51金引橋分岐→8:56白川八丁→10:26トサカ尾根
→13:00トラバースポイント→13:49ザンキ平の肩→15:44河原小屋跡
→17:18オーバーハングハシゴ→17:50狼平→18:05行動開始→18:25頂仙岳直下
→18:45頂仙岳→19:12下山開始→19:40金引尾根分岐→20:55金引橋分岐→21:23熊渡

コース地図:
トサカ尾根~双門ルート

トサカ尾根~双門ルート1
熊度

トサカ尾根~双門ルート2
また長い林道を歩くのか・・・

トサカ尾根~双門ルート3
こんなに崩壊してたっけ?

トサカ尾根~双門ルート4
ここまでくると林道はあと少し!

古都コトきょーとの田村君と俳諧夜景のひでぶーさんで双門ルートで狼平へ。せっかく関西のナイトハイカーが集まったのでルーファイが難しそうな金引尾根をナイトハイクのトレーニングもかねて降りて行くことにしました。
嫁もいたのでゆっくりペースで暗くなるの前提でしたが、狼平までは予想以上に時間がかかってしまい、反省点の多い山行になりました。
本来はトサカ尾根経由でザンキ平肩が予定でしたが、二人とも双門ルート制覇したいとのことで、私と嫁はトサカ尾根、二人は双門ルートで、ザンキ平肩で待ち合わせることにしました。

■白川八丁~トサカ尾根
本来は川迫ダムから登る予定でしたが、全く渡れそうなポイントがなかったので、白川八丁から登ることにしました。白川八丁で下調べしておいた登り口ポイントが見つかりません。どの尾根で登るかは知っていたのでガレ場が多く登り易い右側の谷を詰めて尾根に乗る方向でいきました。谷そのものはガレ場なので比較的登り易かったです。ただ、何度か尾根に乗ろうと試みるも急斜面だったりで、なかなか尾根に乗れるポイントが見つかりません。ずっと谷を登っていくと一か所、比較的穏やかな斜面で尾根に登れそうなところを発見。尾根を遮る大きい岩が目印。尾根につくとテープが巻いてありました。尾根に乗るともう普通に登っていけますが、結局トサカ尾根までルーファイやらなにやらして予定より30分ロスで1時間半もかかってしまいました。
しかし!!次回行けと言われたら、半分の時間で行く自信はあります!!

■トサカ尾根
地図で見るとなだらかな尾根に見えるが、意外にもこまめなアップダウンがある体力消耗する尾根でした。一か所スパッと切れた岩場は濡れているとめちゃくちゃ滑りますので、ロープないと厳しい感じです。細尾根がちょうど終わって迷ヶ岳に登る手前がザンキ平肩へのトラバースポイントになります。この尾根のコースタイムはほぼ予定通りでした。

■ザンキ平肩までのトラバース
谷を挟んでいるが、そこまで危険な場所はありませんでした。安全なルートをルーファイするので短い距離でも45分と大幅に時間がかかってしまい、予想より30分近くロスしました。次回行けと言われたら20分くらいでいける自信はあります!

■ザンキ平からの双門ルートで狼平
今回はゆっくり時間をかけて狼平に行く予定でしたが、そうも言ってられなくなりました。今回は河原小屋跡がひどく崩れていたり、通れなくなっている個所が多数あり、沢筋を歩けば早いところを結構巻きました。多数の場所で沢を渡るのに苦労しました。本来は狼平に16:00~17:00到着予定が1時間ほどロスしました。

■狼平から下山
本来は狼平でまったり大休憩して18:30くらいから行動開始が、まさかの18:00前に狼平に到着。人もいたのでさっさと尾根に登り頂仙岳直下で30分ほど休憩。嫁はさらに休憩させて、その間に頂仙岳をピークハント。結局、日没時刻に下山開始だったが結果的に明るいのが続いていたのでOK。金引尾根のルーファイは結構コースアウトしたり、ルートを見失ったりして難易度が高かったのでいいナイトハイクのトレーニングにはなりました。ちなみに金引尾根は十辺坂の看板までが難しく、そこからは簡単でした。

返信を残す

CAPTCHA


関連記事

眼鏡山(清滝山)...
三輪山...
大塔山~法師山...
烏帽子山...
子ノ泊山...
五大尊岳...
口迷岳~迷岳...
玉置山...